トップページ > 業務内容 > 印刷・製本 > 仕上げ加工・製本
印刷物の見た目は仕上げ加工によって変わるもの。
プロの技術で美しい本に仕上げます。

仕上げ加工・製本

印刷工程の最後に施す処理にはたくさんの種類があります。 加工方法によって金額が大きく変わることもありますので、ご相談いただければご予算や印刷物に合わせた加工方法をご提案させていただきます。

製本の種類

ここでは、よく使われる加工・製本方法について少しだけ説明しておきます。

本の部分名称
紙の目 紙の目は「縦目」「横目」に分かれます。製本などで使用する紙の目は、糊をつけた箇所が波を打たないように「縦目」を使います。紙の目を調べるには紙の端と平行になるように折り目を付けてみて、きれいに折れた方が「縦目」です。
クロス巻製本 背にテープを巻いて製本すること。
くるみ製本(並製本) 紙などの柔らかい表紙で製本すること。廉価な書籍、雑誌などに見られる。表紙が柔らかいのでソフトカバー、または表紙でくるむのでくるみ製本、巻表紙製本ともいわれる。本をホットメルトのりで綴じる製本の一種なので、 無線綴じとも言われる。
ハードカバー(上製本) 本文を製本してから、厚手の表紙を糊付けするなどして仕上げる方法。表紙は紙だけではなく布の表紙にも可能。高価な単行本や児童書などに見られる。表紙を厚紙で作られるのでハードカバーともいう。
金文字製本 レザーや布の表紙に箔押しした表紙で綴じた製本のこと。黒表紙金文字製本が一般的。卒業論文、修士論文、官公庁への提出用製本に利用される。ビスで固定したものから、バインダーの金具がついたもの、箱の形で図面を収容するものなどがある。
箔押 金属などの箔を、型で熱圧して押すこと。 普通プラスチックフィルムに金属を蒸着して作った箔が使われる。
中綴じ 本文と表紙を針金で綴じる製本。カタログや週刊誌などに多い。
平綴じ ホッチキスを使用して綴じる方法。
糸綴じ 糸を使って縫うように綴じる方法。 強度が強く、ノドの部分が完全に開くため、書籍・写真集などに使われる高級な製本。
分冊 あまりにも分厚すぎる製本は長期保存に向かないので、ちょうど良い厚みになるよう1冊を数冊に分けて製本する。また分冊した際は○分冊中○冊目と表紙などに明記した方が良い。
丁合い 先頭ページから末尾ページまでをひとまとめにした状態。
スタック 折りなどの作業をしやすくするために、同じページごとに部数分ずつ並べた状態。
紙折(折加工) 本などでまわりとサイズを合わせるために折り込んである部分。例えば、B5冊子にB4の地図などを折りこんで入れる場合など。
■二つ折
■三つ折
・巻き三つ折
・外三つ折
■四つ折
・観音折
・巻四つ折
・蛇腹折
・DM折
折ケイ 厚紙を折る際、用紙が割れないように、折るための型をつけること。
角丸 正・長方形の角を角丸機で丸く切り落とす作業。
穴あけ ファイルなどに綴じるために穴あけ機を使い2穴や4穴など穴をあけること。
ミシン目入れ 紙の切離しがしやすいように切れ目を入れておくこと。
断裁 印刷された紙や本を断裁機で切る・断つこと。
化粧断ち 規格や仕上げ寸法に断裁すること。
ラミネート 印刷物の長期保存や水よけの為にビニールフィルムで包む加工のこと。パウチ加工ともいう。